Vラインの自己処理の仕方


VIOラインはデリケートな部位なのでプロに脱毛してもらうのがおすすめです。

無駄毛の中でも、特にデリケートゾーンの毛は処理を行うのにも手間がいります。デリケートゾーンはお肌も敏感なため、カミソリや毛抜きで処理をすることによって色素沈着も起こりやすくなりますし、毛自体も太いため、綺麗に処理をすることも難しくなります。そのため最近では、永久脱毛で毛を処理される方も増えているのです
参考:Vラインの脱毛とは?/VIO脱毛でとことん女子力磨き!

でも、私は、Vラインを自分で処理してます。
脱毛サロンで脱毛するのが恥ずかしい場合は、Vラインのみ自分で処理してもよいでしょう。
脱毛する前にどこまで処理するのか決めます。ショーツを履いてはみ出さない位置を確認します。

脱毛にはシェーバーかヒートカッターを使います。毛が長いとシェーバーに毛がらまるのでハサミでカットします。

脱毛部位は白色ワセリンで保護します。白色ワセリンは添加物を含まないのでデリケートゾーンに使っても安心です。

剃るときは何度も同じところを往復しないようにします。何度も往復すると肌が傷ついて乾燥やかゆみを起こします。切れがよいシェーバーを使用してください。

処理し終わったらワセリンを拭き取って、もう一度ワセリンを塗って保護します。

シェーバーで剃ると毛先がチクチクして下着を突き抜けることがあります。

ヒートカッターなら毛先が丸くなるので、下着を突き破ることがありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>